時計には「ウォッチコーディネーター」という

時計の歴史から、種類、機構、販売方法等

様々な時計に関する知識を横断的に学べる試験があります。

試験は年に1回しかありません。

今回、このウォッチコーディネーター試験を受けて

無事に合格しました!
IMG_20190315_003201

で、筆記は合格したので

今日は実技の講義を1日受講してきました。

機械式時計の分解などを

教えていただきました。

外した順番に並べないと、元に戻す時に

大変なことになっちゃいますからね。

必死!
IMG_20190314_143315

講義でもありましたが、

腕時計は精密機器なので、ちょっとした衝撃で

こちらの金色の車輪中央に伸びている棒「ホゾ」が

折れたり、内部の機構がズレたりしてしまうようです。

下の写真は機械式時計(リュウズをぐるぐる巻くタイプ)

の内部です。

IMG_20190314_145900

一緒に講義を受講した方は

時計を販売していらっしゃる方が多いようで、

皆さん同じようなことで、

同じような時計の不具合があって

そして、案外「時計」の事実が世の中の人には

知られていないんだな・・・と感じました。

そんな話も今後お伝え出来たらと思います。